FC2ブログ

桜田門外の変「情念の炎」ブログへようこそ

                 桜田門外の変「情念の炎」ホームページはこちら
本日も、当ブログへアクセスしていただき、誠に有難うございます。皆様のお陰で、3年間にわたって挑戦してまいりました執筆活動も無事、終了することが出来ました。心より厚く御礼申し上げます。ブログでは、時折々に思いついたこと、感じたことなどを皆様方と対話するような気持ちで綴ってまいりますので、引きつづき宜しくお願い申し上げます。
  

FC2ブログランキング
←ご協力お願いします

明治維新150周年記念「薩長因備」シンポジウム特集 ①

  今月7日(土)から9日(月)までの3日間、友人3人と共に鳥取に行って参りました。メイン行事は8日(日)午後1時から鳥取県立博物館2階講堂で開催された薩長因備シンポジウムでしたが、約300人の方々が来場され大成功のうちに終了することが出来ました。このイベントには、パネラーとして原口泉先生、西郷隆盛のひ孫・西郷隆夫氏(薩摩藩代表)、歴史研究家の原田良子先生(京都代表)と小生(水戸藩代表)が登壇し、地元鳥取の映画監督で鳥取歴史振興会会長の森本良和氏がコーディネーター役を務めました。

  これに先だって、7日午後は森本氏、美田鳥取歴史振興会名誉会長の案内で湯谷荘と河原城資料館を訪問しました。湯谷荘は、水戸藩士関鉄之介らが遊説のため鳥取を訪れた時に浸かった湯谷温泉のすぐ近くにある施設です。一番忙しかったのは西郷隆夫氏で、ゆっくり休む間もなく管理人の求めに応じて色紙などを何枚も書いていました。
  次に河原城資料館を訪ね、その日から始まった「明治維新150周年記念展示」を見て回りました。名前のごとく資料館は城の建物の中にあり、天守閣からは鳥取平野が一望できました。水戸にはお城がないので、大変羨ましく感じました。女性事務局長のOさんは、古代史が専門と伺いましたが、鳥取の近代史についても相当勉強している様子が感じられました。
  夕方には鳥取市内の居酒屋へ場所を移し、賑やかに懇親会が開かれました。昨年9月、鹿児島市で行われた懇親会についで二回目となるため、お互いに再会を喜び合う会合となりました。今回は京都から原田先生が参加したため、一層熱を帯びた会となりました。

  翌8日(日)午前、関鉄之介らが滞在したと言われる谷長邸を訪問しました。5年ぶり2回目ということで当主が大変喜び、当時撮影した記念集合写真を見せてくれました。水戸関係者以外は初めてと言うこともあり、珍しそうに湯舟などを眺めていました。その後、西郷隆盛が月照と共に滞在したと言われている大安興寺を訪問しました。その子孫が初めて来るということで、地元の人たちが大勢詰めかけていました。住職の説明を真剣な眼差して聞く隆夫氏の姿が印象的でした。寺には、西郷隆盛が書いたと言われる漢詩の掛け軸が下げてありました。御真筆かどうかを訊かれ、原口先生は大変そうでした。
  会場には地元紙をはじめ、読売、朝日、毎日新聞の記者が待ち構えていて、西郷隆夫氏は質問攻めにされてしまいました。有名人の大変さを、まざまざと見せつけられた次第です。残り時間が少なくなり、逃げるように本会場に急ぎました。博物館内のレストランに入り、急いで昼食を注文し、慌ただしく口にしました。ここでは原口先生が質問攻めにあい、とんだ苦労をしているのを横目で見ながら昼食をとりました。
  大安興寺での様子を報じた地元紙(日本海新聞)、毎日新聞の記事を紹介します。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鯉渕義文

Author:鯉渕義文
1945年、那珂市生まれ。茨城大学教育学部を卒業後、教員として那珂湊水産高校、鉾田二高、太田二高などに勤務。退職し現在は桜田門外の変同好会代表幹事。

「情念の炎」上巻、中巻、下巻
 「情念の炎」下巻
この本を購入する
茨城県内一部店舗で販売しています
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
FC2はユーザーの皆様から募金を募り義援金として支援を実施いたします。
映画「桜田門外ノ変」
桜田門外ノ変映画予告編 桜田門外ノ変メイキング 主題歌alan/悲しみは雪に眠る
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QR