FC2ブログ

桜田門外の変「情念の炎」ブログへようこそ

                 桜田門外の変「情念の炎」ホームページはこちら
本日も、当ブログへアクセスしていただき、誠に有難うございます。皆様のお陰で、3年間にわたって挑戦してまいりました執筆活動も無事、終了することが出来ました。心より厚く御礼申し上げます。ブログでは、時折々に思いついたこと、感じたことなどを皆様方と対話するような気持ちで綴ってまいりますので、引きつづき宜しくお願い申し上げます。
  

FC2ブログランキング
←ご協力お願いします

 小説「烈士たちの挽歌」読後感 ②

  前回に引き続き、S氏の読後感をご紹介します。S氏は小生の息子が勤務する会社の元取締役で、現在は第一線から退いております。
 
 この度は御著作「烈士たちの挽歌」をご恵贈賜わりましたこと、厚く御礼申し上げます。小生如きをお気にかけていただきまして大変嬉しく存じます。
 さて、浅学ゆえ水戸の天狗党という単語程度しか知らなかった私でしたが、本書を拝読してその血の抗争の上に現在の日本があることを再認識し、自分の不勉強を反省させられました。本県が茨城県と名付けられたのも言い得て妙、まことにそのいばらの道を表象しているような気がします。
 島崎藤村の「夜明け前」を彷彿とさせる書き出しに始まり、やがて佳境へと進む様は赤いインクで書かれているのではないかと思うほど血の色に満ちていました。御前著の「情念の炎」もそうでしたが、非常に克明かつ時系列に描かれた文章を読んで、これを完成させるためには多くの文献の精読、それを小説に肉付けする想像力と創造力、書き起こす文章力、加えて長時間硯に向う忍耐力が必要で、鯉渕様はこれらを全て克服できたから本書上梓に至ったのだと思います。思わず司馬遼太郎を思い出しました。

「小異を捨てて大同につく」という言葉がありますが、これは言うは容易しで、人類の歴史はそれができないことを証明しています。人類史上の大虐殺は、私の知る限り小異が発端です。小異嫌悪憎悪を生み、やがてそれが個人レベルを超えてグループ抗争に発展し、大規模な殺戮と報復という悪循環に陥っていきます。本書341ページに「党派による価値基準でしか判断できない土俗の病根」とありますが、水戸人はこの気質が少しだけ強いのかも知れませんね。鯉渕要人の末裔であり、ご自身も水戸人の義文さんがこのように書かれるのは謙遜のお気持ちもおありのことと拝察いたします。

 明治維新は、多くの士族にとってこんな筈ではなかったということの繰り返しだったように思います。「命を懸けて維新に邁進した自分たちを待っていたのは失業だった」「刀も失った。誇りも失った」維新後、各地で不平士族の乱が勃発したのもまことに宜なるかなです。こんな時こそ、強い指導力を持ったリーダーが必要なのでしょうが、水戸藩はその点でも不運だったと思います。結局のところ、新政府の力によって内乱は収束した訳ですから。
 
 末筆になりましたが、鯉渕様には今後ともご健勝で益々ご活躍されますようお祈り申し上げます。かくいう私も鯉渕様とはほぼ同輩、お互いの息子たちも会社で机を並べている間柄です。私も筆を置くにあたり、水戸藩士の御霊に合掌させていただきます。

「薩長因備」シンポジウム」     明治維新大激論

  来る4月8日(日)鳥取市で明治維新150周年記念「薩長因備」シンポジウムが開催されることになり、水戸藩を代表して小生と仲間3人が参加することになりました。「明治維新大激論」と題するこの行事には、鹿児島市からNHK大河ドラマ「西郷どん」の時代考証を担当する原口泉先生、主役西郷隆盛のひ孫西郷隆夫氏、岡山からは薩長同盟の地「御花畑」を特定された原田良子さん(元教師)も出席する予定になっています。従来、明治維新の立役者は「薩長土肥」と言われ続けて来ましたが、コーディネーター役を務める地元の森本良和氏(映画監督)の持論は「薩長土肥」ではなく「薩長因備」であるとし、その淵源をなす水戸藩の役割を高く評価している点にあります。森本氏は鳥取および岡山両藩の在京家老に宛てた西郷隆盛の書簡や島津久光宛の大久保利通の書簡を証拠として、その事を熱っぽく語りたいとお話されていました。「西郷さんが恐れた鳥取藩」、果たして参加者がどのように反応するか、当日が楽しみでなりません。

シンポジウム
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鯉渕義文

Author:鯉渕義文
1945年、那珂市生まれ。茨城大学教育学部を卒業後、教員として那珂湊水産高校、鉾田二高、太田二高などに勤務。退職し現在は桜田門外の変同好会代表幹事。

「情念の炎」上巻、中巻、下巻
 「情念の炎」下巻
この本を購入する
茨城県内一部店舗で販売しています
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
FC2はユーザーの皆様から募金を募り義援金として支援を実施いたします。
映画「桜田門外ノ変」
桜田門外ノ変映画予告編 桜田門外ノ変メイキング 主題歌alan/悲しみは雪に眠る
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QR