FC2ブログ

桜田門外の変「情念の炎」ブログへようこそ

                 桜田門外の変「情念の炎」ホームページはこちら
本日も、当ブログへアクセスしていただき、誠に有難うございます。皆様のお陰で、3年間にわたって挑戦してまいりました執筆活動も無事、終了することが出来ました。心より厚く御礼申し上げます。ブログでは、時折々に思いついたこと、感じたことなどを皆様方と対話するような気持ちで綴ってまいりますので、引きつづき宜しくお願い申し上げます。
  

FC2ブログランキング
←ご協力お願いします

新作原稿( 仮称『遠い夜明け』―水戸藩始末―)、四年越しの苦労やっと実る ①

  もともと小説に関して門外漢の私が、初めて手がけたのは「桜田事変」を題材に扱った「情念の炎」で、九年ほど前に自費出版本の出版にこぎつけることができた。その後、下巻を執筆しているうちページ数が多くなり、上中下の三巻に増えてしまった。
 下巻が完成したのは平成二十四年十一月で、これで終わりにしようと思っていたのであるが、その後の水戸藩の様子が無性に知りたくなって図書館通いをしているうち、今まで分らなかった水戸藩党争の激しさを知り、唖然とさせられた。 
 水戸には天狗党と結城残党(諸生党)があり、両者が激しく対立したことは断片的に知ってはいたが、いろいろ調べていくうちに様々なことが分かり、その時代に生きなければならなかった先人たちの並々ならぬ辛苦がひしひしと伝わってきた。
  水戸藩幕末史に関する小説では、主に天狗党を題材とした本が数多く出版されているが、大半は「天狗党の乱」を題材とした作品が中心で、かれらが処刑された慶応元年二月以降から明治期までを扱った作品は見たことがない。
 結城残党(諸生党)を中心とした作品も少数で、ましてや両者を総合的に扱った小説は皆無と言っても過言ではない。想像するところ小説の題材としては馴染みにくいという側面と、もう一つは余りにも残忍な仕打ちが繰返されたため、それを取上げることに大きな抵抗があったのかも知れない。
  取分け、市川三左衛門ら保守門閥派が水戸藩政の実権を握った元治元年(一八六四)十一月から、市川勢が壊滅する明治元年十月までの史実を知れば知るほど、如何に水戸藩内で激しい党争が繰返されてきたかということが分かり、暗澹たる気分になる。
 しかし、明治維新百五十周年という大きな節目を来年に控えた本年、先人たちがたどって来た言語に絶するような凄まじい歴史の事実を知り、その途上で亡くなられた多くの人々のご冥福を祈ることも大切であると考え、今回敢えてタブーに挑戦して筆を走らせた次第である。
  さて、水戸藩の歴史に関することでよく話題になるのが、 「何故水戸藩が分裂し、党派間で血生臭い争いが続くことになったのか?」、「何故保守派は敵対する当事者ばかりでなく女、子供を含めた家族をも処刑の対象にしたのか?」、「何故幕末に天下の先駆け的立場にあった水戸藩が、明治政府に人材を送り出せなかった」という三点です。 
 水戸藩では、第八代藩主徳川斉脩の死後、上士である保守派重臣は幕府との関係を親密にするため、将軍徳川家斉の庶子清水恒之丞を養子に迎えようと運動するが、中下士層を中心とした国許の改革派がこれに激しく反発して南上を繰返し、斉脩の遺書を突きつきつけて弟敬三郎(斉昭)を藩主にすることに成功します。
  藩主に就任した斉昭は、自分を推挙してくれた改革派の人材を登用する一方、譜代の家臣も重用して調和を保つように配慮した。その代表格が結城寅寿(朝道)で、小姓からを若年寄、御勝手改正掛ととんとん拍子に出世し、二十四歳の若さで執政に昇進した。
 名門の出である結城は聡明な人物で、当初斉昭や天狗党からも好感を持たれていたが、生来保守的な性格で上士層によって形 成された佐幕派の支持を受けて次第に頭角を現わし、藩内に「結城派」を形成するほどの勢力を築くことになる。 
  やがて、結城は天狗党が実権を握る水戸藩政に反発し、保守層の勢力挽回のために革新的な政策を打ち出す斉昭や、その腹心である執政戸田忠太夫、側用人藤田東湖らをはじめとする尊攘派と次第に対立を深めることとなった。
  これによって上士層を中心に親幕府的立場をとる結城党と、朝廷を信奉する天狗党の二派に分かれ、代々藩内で闘争を繰り返してきたのである。
 弘化元年(一八四四)五月、幕政にも多大な影響力を持っていた斉昭が突然幕府から謹慎を命ぜられ、長男の慶篤が第十代藩主に就きます。この斉昭の失脚は、結城一派による幕府への讒言によるものと斉昭とその近臣は認識していました。
  結城の画策によって失脚させられた斉昭や改革派藩士の恨みは凄まじく、やがてかれらが復権を遂げると、保守派の家臣が次々と処罰され、結城は水戸一門松平氏の領地である長倉(常陸大宮市)陣屋の一角にある獄舎に投じられた。
  安政二年(一八五五)の江戸大地震で斉昭の腹心戸田と藤田が圧死すると、斉昭にに諫言する家臣がなくなり、保守派への粛清が一気に進んだといわれています。結城親子は翌安政三年四月長倉の獄で死罪となり、遠く讃岐高松藩(香川県)に身を隠していた結城一派も厳しい探索によって捕えられ、極刑に処された。(つづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鯉渕義文

Author:鯉渕義文
1945年、那珂市生まれ。茨城大学教育学部を卒業後、教員として那珂湊水産高校、鉾田二高、太田二高などに勤務。退職し現在は桜田門外の変同好会代表幹事。

「情念の炎」上巻、中巻、下巻
 「情念の炎」下巻
この本を購入する
茨城県内一部店舗で販売しています
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
FC2はユーザーの皆様から募金を募り義援金として支援を実施いたします。
映画「桜田門外ノ変」
桜田門外ノ変映画予告編 桜田門外ノ変メイキング 主題歌alan/悲しみは雪に眠る
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QR