FC2ブログ

桜田門外の変「情念の炎」ブログへようこそ

                 桜田門外の変「情念の炎」ホームページはこちら
本日も、当ブログへアクセスしていただき、誠に有難うございます。皆様のお陰で、3年間にわたって挑戦してまいりました執筆活動も無事、終了することが出来ました。心より厚く御礼申し上げます。ブログでは、時折々に思いついたこと、感じたことなどを皆様方と対話するような気持ちで綴ってまいりますので、引きつづき宜しくお願い申し上げます。
  

FC2ブログランキング
←ご協力お願いします

敦賀市「水戸烈士遺徳顕彰会」御一行様をお迎えして

  先月の27日、28日の両日、敦賀の水戸烈士遺徳顕彰会の会長はじめ、代表メンバー十余名の方々が、一泊二日の日程で水戸、潮来、常陸太田市を表見訪問されました。その御一行の中に、小生たちが敦賀の武田耕雲斎の墓地を訪問した折、大変お世話になったS氏が同行されると伺っていたので、28日の午後、仲間と一緒に常陸太田市役所を訪ねることにしました。
  少し早めに市役所に着いたので、御一行様が到着するまで新任の副市長にご挨拶しようということになり、友人K氏の案内で副市長室を訪ねました。小生は面識がなかったのですが、新副市長は、K氏が茨城県庁に勤めていた時代の後輩で、よく知っている方だというので安心して付いていきました。お話を伺うと、同じ高校出身の後輩で、県庁時代は部長職についていたそうです。大変、気さくな方でついつい話に夢中になり、あっと言う間に30分が経過してしまいました。途中、敦賀の御一行が隣の庁舎に到着されたとの連絡が入り、部屋を辞去致しました。
 
  最初の予定では、敦賀の御一行様と市長がお会いになられる場所に同席する予定でしたが、途中から入室する訳にもいかないので、同行されたお一人の方と相談し、宿泊先の里山ホテル「ときわ路」で待つことに致しました。 
  小生たちが、ときわ路に着いて30分程過ぎた頃、御一行様を乗せたマイクロバスが駐車場に入ってきました。地元常陸太田市の水戸烈士遺徳顕彰会の方々も少し早めに来ていたので、一緒に玄関口に出てお出迎えいたしました。メンバーは遠路はるばるやって来たので、さぞお疲れだったとは思いますが、皆、元気な姿で中に入って来られました。そのメンバーの中に例のS氏がいらっしゃったので、早速、近寄ってご挨拶申し上げました。S氏から会長を紹介していただいたので、名刺交換をさせていただき、一旦、部屋に入った後、あらためて懇談させていただくことになりました。
  間もなくして、N会長をはじめ、S氏ら代表3人の方がロビー広間に来て下さいました。N氏は長年、敦賀の水戸烈士遺徳顕彰会会長を務められた方で、先月上旬に開催された「天狗党蜂起150周年記念」の意義ある例大祭を大成功にみちびいた立役者です。かつては敦賀市の市議会議員も務められていたようです。年齢はとうに80歳を過ぎていますが、大変、威厳があり、一つひとつ言葉を選んで慎重にお話をされる姿がとても印象に残りました。特に驚かされたのは、水戸人以上に天狗党に対して誇りを持っていらっしゃる、ということです。 
  過日、地元の新聞が天狗党関係を取り上げた折、その記事の中に「天狗党が今庄から逃げた際に云々・・・」というくだりがあったので、会長はそれが納得いかず、新聞社に抗議の葉書を出したと伺いました。「逃げた」という表現は、一体どういうことなのか、その根拠となる文献を示していただきたい、というのがその趣旨だったようです。しかし、とうとう返事はこなかったといいます。このお話を聞いただけで、会長の天狗党に対する思いが十分感じとれ、「流石は会長」と皆感心させられてしまいました。
 
  今回の表敬訪問は、水戸、潮来、常陸太田市の水戸烈士遺徳顕彰会のメンバーが、150周年記念行事にあたって寄付金を提供されたことに対する御礼と聞いていますが、遠方から10時間以上もの時間をかけてまで茨城にこられた熱意に、本当に頭が下がる思いが致しました。
  今日、ともすれば大事な歴史遺産が葬り去られてしまいがちな傾向にありますが、そのような時代風潮が中にあって、敦賀の方々があれほどまで熱心に水戸烈士を顕彰して下さっていることは水戸関係者にとってこの上なく有難いことであり、あらためて深く感謝の意を表したい気持ちでいっぱいです。
  そのような意味では、私たち水戸人も敦賀の方々に恥じないよう、歴史を大事にする気持ちを持ち続けていく努力が必要なのではないかと感じている昨今です。今後は敦賀市ばかりでなく、お隣の美浜町にも眼をむけ、より広域な人的交流が出来るよう努力していきたいと願っているところです。鳥取の方々も、天狗党には並々ならぬ関心を寄せていますので、そちらの面もこれから大いに期待が出来そうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鯉渕義文

Author:鯉渕義文
1945年、那珂市生まれ。茨城大学教育学部を卒業後、教員として那珂湊水産高校、鉾田二高、太田二高などに勤務。退職し現在は桜田門外の変同好会代表幹事。

「情念の炎」上巻、中巻、下巻
 「情念の炎」下巻
この本を購入する
茨城県内一部店舗で販売しています
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
FC2はユーザーの皆様から募金を募り義援金として支援を実施いたします。
映画「桜田門外ノ変」
桜田門外ノ変映画予告編 桜田門外ノ変メイキング 主題歌alan/悲しみは雪に眠る
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QR